理事長挨拶

ごあいさつ

 一般社団法人日本くすりと糖尿病学会は、「薬剤師としていかに糖尿病治療に貢献するか」を運営目標として2012年に設立され、10年を経過いたしました。その間、各地で学術集会を開催し、「日本くすりと糖尿病学会 認定薬剤師制度」を立ち上げ、そして継続的薬学管理に活用できる「てびき」の策定と関連する研修会の開催など、今日まで着実に発展し会員数も1,300名を超えております。
 現在、新たな糖尿病治療薬の相次ぐ登場により、薬物療法が非常に複雑化しております。また、患者の生活様式も多様化していることから、適正な薬物療法を長期的にフォローアップできる薬剤師の存在が強く求められております。本学会の認定薬剤師制度は、この期待に答えるべく糖尿病の薬物療法に関する十分な知識及び技能を修得し、医師、看護師、栄養士、その他医療従事者とともに糖尿病患者の治療に資する薬剤師育成を目的にしております。そして、糖尿病治療に関わる「基礎と臨床」「病院と薬局」「薬剤師と他の医療職」といった視点でさまざまな研究や業務向上を目指しています。
 多くの方々のご入会、ご賛同を心より祈念するとともに会員の皆様の更なるご支援をお願い申し上げます。

理事長 朝倉 俊成

学術集会の開催、療養指導に携わる薬剤師の全国的ネットワークの構築および学会ホームページなどで医薬品情報の発信し、療養指導のスキルアップを目指します。