認定薬剤師制度について

認定制度設立の趣旨

平成25年に施行された改正医療法において糖尿病は、医療計画制度の根幹となる「5疾病・5事業および在宅医療」の1疾病として取り上げられ、その指針では、「糖尿病の予防・治療には、患者自身による生活習慣の自己管理に加えて、内科、眼科、小児科、産科、歯科等の各診療科が、糖尿病の知識を有する管理栄養士、薬剤師、保健師、看護師等の専門職種と連携して実施する医療サービスが必要となる」と明記されています。このような状況の中で相次ぐ新薬の登場により複雑化する薬物療法における薬剤師への期待は益々高くなってきております。

 糖尿病の薬物療法に関する十分な知識及び技能を修得し、医師、看護師、栄養士、その他医療従事者とともに糖尿病患者の治療に資するすべての薬剤師を対象に教育・研修体制の強化を図り育成する目的で、本学会では「日本くすりと糖尿病学会認定薬剤師制度」を立ち上げました。

 この認定薬剤師制度は、薬の専門家として広範にわたる糖尿病の知識と洗練された技能を備えた薬剤師を社会に輩出し、質の高い医療・教育・研究を行いながら、高度化する医療の中で良質かつ安全な薬物療法の確立を図ること、さらに基礎薬学・医療薬学の普及向上を図ることを期待しています。

認定薬剤師の概要

本学会の認定薬剤師制度は、糖尿病療養指導(食事療法、運動療法、薬物療法など)全般についての知識及び技能を有する医療従事者を認定する日本糖尿病療養指導士(CDEJ)及び地域糖尿病療養指導士(CDEL)とは画して、糖尿病療養指導の中で「薬物療法」に関する十分な知識及び技能を有する薬剤師を養成することを目的としています。

 

認定薬剤師の概要 図1

本学会では、以下の2つの認定を行います。

①糖尿病薬物療法准認定薬剤師(以下:准認定薬剤師)

  糖尿病薬物療法に関する自己研鑽を積んだ薬剤師をいい、認定に必要な資格を有し、本学会の准認定薬剤師認定審査に合格したものとする。

②糖尿病薬物療法認定薬剤師(以下:認定薬剤師)

  糖尿病の薬物療法に関する十分な知識・技能を用いて、質の高い医療・教育・研究を行うものをいい、認定に必要な資格を有し、本学会の認定薬剤師認定審査に合格したものとする。

認定薬剤師制度における規定・細則

 認定制度規定

 認定制度細則

 申請単位基準


認定薬剤師申請

准認定薬剤師申請

認定薬剤師申請(旧)

准認定薬剤師申請(旧)


※2018年度までに准認定を取得された方は

2020年まで旧規定での申請が可能です

技能研修参加証日付は申請時5年以内有効です

新旧制度は申請単位、申請条件が異なりますので、2020年度までに申請予定の方はご確認下さい。

2021年より新制度に完全移行致します。

ico_PDF 認定制度規定(旧)

pdf 申請書類等細則(旧)

pdf 申請単位基準(旧) 

 

学術集会の開催、療養指導に携わる薬剤師の全国的ネットワークの構築および学会ホームページなどで医薬品情報の発信し、療養指導のスキルアップを目指します。