事務局からのお知らせ

「糖尿病の薬学管理必携」目次

『糖尿病の薬学管理必携』
(糖尿病薬物療法認定剤師ガイドブック)

糖尿病の薬学管理必携|糖尿病薬物療法認定薬剤師ガイドブック3

Ⅰ章 糖尿病薬物療法認定剤師の役割・機能

  1. 糖尿病薬物療法認定剤師制度 p. 2
  2. 関連団体 p. 5

Ⅱ章 糖尿病の概念,定義,診断,成因

  1. 糖尿病の概念と定義 p. 12
  2. 血糖の恒常性とそ異 常 p. 19
  3. 糖尿病の診断 p. 24
  4. 糖尿病の成因と分類 p. 28

Ⅲ章 糖尿病の治療(総論)

  1. 食事療法 p. 36
  2. 運動療法 p. 42
  3. 薬物療法の基礎 p. 48

Ⅳ章 糖尿病患者の心理

糖尿病患者の心理とエ ンパワーメト p. 56

Ⅴ章 糖尿病の薬物治療(各論)

  1. 薬学基礎
    A 薬物の体内動態 p. 64
    B 薬物 の投与方法 p. 69
    C 薬物 の主作用 と副p. 76
    D 薬物の作用点 p. 81
    E 薬物相互作用 p. 87
    F 製剤の種類と 特徴 p. 94
  2. 薬 物治療各論(経口)
    A スルホニ尿素薬( SU 薬) p. 104
    B 速効型イ ンスリ分泌促進薬(グニド) p. 113
    C DPP DPP-4阻害薬 p. 120
    D α-グルコシダーゼ阻害薬(α -GI ) p. 131
    E ビグアナイド薬( BG 薬) p. 137
    F チアゾリジン薬 p. 146
    G SGLT2SGLT2 SGLT2SGLT2阻害薬 p. 153
  3. 薬物治療各論(注射)
    A イン スリp. 162
    B GLP GLP-1受容体作動薬 受容体作動薬 p. 181
    C 適正な注射 手技 p. 191
    D 適正な SMBGSMBG SMBGの手技と活用法 の手技と活用法 p. 202
  4. 薬物治療各論(併用法)
    A 内服薬同士の併用療法 p. 209
    B 内服薬と注射の併用療法 p. 215
    C 注射薬同士の併用療法 p. 222

Ⅵ章 糖尿病の合併症

  1. 急性合併症 p. 230
  2. 慢性合併症 p. 236

Ⅶ章 特殊な病態における糖尿薬物治療

  1. シックデイ p. 252
  2. 腎障害 p. 257
  3. 肝障害 p. 270
  4. 周術期 p. 277
  5. 感染症発時 p. 283
  6. 副腎皮質ホルモン 投与時 p. 287
  7. 経腸栄養療法 p. 293
  8. 経静脈栄養療法 p. 309
  9. 災害時 p. 319

Ⅷ章 ライフステージ別の糖尿病薬物治療

  1. 小児 p. 326
  2. 高齢者 p. 33 1
  3. 妊娠 p. 336

Ⅸ章 持続的な治療と検査

インスリポプ・ SAPSAP ・CGM p. 344

Ⅹ章 糖尿病の社会的問題

  1. 医療 経済,健康保険など p. 356
  2. 自動車運転などに関わる問題 p. 361

付録

糖尿病治療薬一覧 p. 366
日本くすりと糖尿病学会 入会のご案 内 p. 381
一般社団法人 日本くすりと糖尿病学会 認定薬剤師制度規程 p. 382
一般社団法人日本くすりと糖尿病学会申請書類等 細則 p. 386
認定 薬剤師認定制度 申請更新時における単位 基準 p. 388
糖尿病薬物療 法認定薬剤師研修カリキュラム p. 389
一般社団法人日本くすりと糖尿病学会利益相反( COI )に関する指針 )に関する指針 p. 402

索引 p. 408

「糖尿病の薬学管理必携」が発刊されました

糖尿病薬物療法認定薬剤師ガイドブック

従来のガイドブックにはみられなかった基礎薬学と臨床薬学を大きな柱とし,食事や運動などの療養指導に関わる事項や特殊な病態,ライフステージ別の薬物療法など広範囲を網羅した構成となっています。本学会の認定薬剤師制度受験者に留まらず、糖尿病薬物療法を深く学びたい方の必携の書です。

事務局夏季休業期間のお知らせ

事務局は下記期間を夏季休業とさせていただきます。
期間中はご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。
【夏季休業期間】
2017年8月11日(金) ~ 2017年8月16日(水)
※ 休業中のお問い合せにつきましては、2017年8月17日(木)以降に対応させていただきます

サーバ一時停止のお知らせ

8月13日(土)〜15日(月)にサーバ移築を行いました。
上記の期間中は、ホームページの閲覧を始め、仮会員登録や、info@jpds.or.jpへのお問い合わせの対応、
論文投稿用のjournal@jpds.or.jpへの送信など、出来なくなりました。
該当する期間に事務局にお問い合わせ等いただいた場合は、お手数ですがもう一度お問い合わせください。

事務局