認定薬剤師制度について

日本くすりと糖尿病学会糖尿病認定薬剤師制度
設立目的

認定制度紹介スライド

1.糖尿病専門医以外の糖尿病治療だけでなく、併存疾患を持ち難渋する糖尿病患者の薬物治療に関しても積極的に処方介入できる専門性を持った薬剤師として活動すること。
2.「療養指導の実戦」「教育」「研究」を3本柱とし、薬物の特性や体内動態、相互作用を理解した上で専門医および専門外の医師ともディベートができ、処方提案・介入ができる病院薬剤師、薬局薬剤師を輩出し、糖尿病患者が安全で有効な薬物治療に貢献することを視野に入れて活動すること。
3.「認定薬剤師」として、最新の医療を研鑽し、あらゆる教育を実践することで、間接的に社会、国民の糖尿病薬物治療に貢献し、研究、論文、発表などを通して糖尿病医療の発展・貢献できる医療人として活動すること
 最後に、処方監査・提案により糖尿病患者への至適薬物治療に貢献する投与前の役割と、デバイス使用管理、投薬管理、副作用モニターリングなどができる療養指導の投与後の役割を両立した薬剤師の役割を持って、これからの在宅医療、地域包括ケアの中で、貢献・活躍することを期待する。この認定制度は、認定薬剤師として認定されてからの活動が重要であり、取得することで満足せずに、活動を可視化することが必須である。

JPDS 認定制度図説-1

JPDS 認定制度図説-2
 

学術集会の開催、療養指導に携わる薬剤師の全国的ネットワークの構築および学会ホームページなどで医薬品情報の発信し、療養指導のスキルアップを目指します。